熱く暑い闘いはドローゲーム

プレスもハマらず、ボールもなかなか収まらず。
選手もサポーターも暑い中厳しいゲームでした。

反省点は数多いとは思いますが、途中出場ながら山田大記が気持ちを持ってゲームに入ってくれなければ、ドローゲームも難しかったのではないかと思います。
やっぱり、二列目のファーストチョイスはマツと大記ですかね。
上原 力也も良かったと思います。


ほろ苦い後半開幕戦でしたが、頑張って行きましょう!


forza jubilo でございます。

"熱く暑い闘いはドローゲーム" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント